明善40会 還暦青春旅行のページ   H19年5月18日〜20日

このページ重たくなりましたのでNO"2のページを作りました
下の文字をクリックお願いします。
還暦記念旅行のページNO2へ
還暦記念旅行のページNO3へ
還暦記念旅行のページNO4へ
関東還暦記念旅行のページへ

             40会の皆様へ
          去るH19年5月18日より20日まで全国の40会メンバー65名が京都で一同に会して旧交を温めました。
          「あんた誰?」「おっ、42年ぶり、懐かしいなあ」など、いろいろな言葉が飛び交う中、三日間だけ高校時代に
          逆戻りして、楽しんできました。そのときの写真を少しずつですがアップしてゆきますのでどうぞお楽しみください。

上の写真は一日目、嵐山、渡月橋での一枚です。

ここからは1日目宴会での様子を主に参加メンバーを紹介してゆきます。
サムネイル画像ですので写真をクリックすると大きく見れます。


1日目司会進行は城島さん(4)です。

木下会長、急遽欠席となり、副会長の
武田さん(6)の挨拶です。

お祝いのお謡いは
「高砂」でした。
いつもの二人に師範代、鶴さん(3)が加わって
素晴らしい出来でした。

二曲目は松井さん(2)の仕舞です。

そしてトリを年期の入った中山さん(2)が
努められました。

ここからクラスごとの紹介です。
いつも一人ぼっちの私、飯田(1)に今日は素敵な
助っ人野沢さん(宮原)さんが加わってくれました。
浴衣がちんちくりんですね!

2組は8名、左から、西本、城、柴山、中山
小林(ドイツより参加)、松井、渕上、小柳(舟木)
の各氏です。
初めての方が二人おられます。
城さん、柴山さんともすぐにお友達と
なりましたよ!

こちら3組の面々です。
左から、大山、中島、鶴さんです。
三人とも初めて話をしました。
この三名とはとっても仲良くなりました。
鶴さん、お謡い、仕舞、能、全部が
最高レベルです。

4組はかっこいい、城島さんと
右は水城さん、屈託のない明るい成年でした。

6組は7名ですね。
左から企画を担当された武田さん、そして
南さん、背が高い白石さん、花田さん、広瀬さん(近藤)、
予想だにしない先生だったと言う、松尾さん、
右は末次さんです。
全く忘れていましたが、末次さんとは中学時代
机を並べた中でした。それを知って胸が躍って
しまいました。

7組は8名の参加です。
左から柳、田中浩、田辺、の各氏と熊谷(猪山)、
釈(桜井)、野林(佐藤)、末原(尾花)さん、そして
左手負傷にもかかわらず参加してくださった
森田さんです。大丈夫だったかな?

8組も7名の参加です。
左から、西原、木原、原口、池田、の各氏と
徳永(青木)、宮本(長)、豊福(新)さんです。
40会にもこんなに綺麗な方がいたのかと
あらためて、感動しました。

9組は6名ですね。
左から事務局の井口さん、新聞社にお勤め?の
本田さん、仲良し5人組の一人、谷(田中)さん、
石橋(辻)さん、野村(城戸)さん、右は、はるばる北海道から参加の笠井(古野)さんです。
本田さんの屈託のない笑いが目に付きましたね。

10、11組は7名です。
荒巻(園田)さん、大山(平尾)さん、畑島(佐藤)さん、
関(吉田)さん、紹介中、富岡(関谷)さん、右は
素敵なお顔といでたちだった守田(山口)さん。

中は二日目から参加の小林さん(5)と右は
二日目、午後から夕方までだけ参加された
永田雄志(5)さん、それでも精一杯楽しんで
帰られましたよ。

右はこちらも二日目から参加の鶴敏朗(1)さん、
夜には同じ1組の鵜木さんが参加されました。

はい、ここで5組が見つかりました。
左から、二日目進行役の永田さん、上野さん、吹原さん、
樫村さん、青柳さん、田中さん(大塚)、南さん(三藤)、
そして大木さん(杉本)さんです。
皆さん、全員で高笑いしていますね。
吹原さん、何か言ったな?

6組メンバーです。
後ろ中が新原さんです。
皆さん、いい顔しておられますね!

こちら、右が鵜木さん(1)、二日目の宴会と
三次会に参加されました。
左は当時仲が良かった、柴山さんです。
全く変わられませんね!

右手前が、例の八坂さん(1)、こちらもいつも
高笑いです。
この方がいるところ、いつも何かが起きる、という感じでしょうか!

これで、どうやら参加メンバーの全員の写真が掲載できたかと思われます。
実は私は二日目の宴会で、ほとんどの方のインタビューを敢行しまして、大体の状況を把握しています。流石でしょ!
印象としてはどの方もはじめて会ったという感じが全くありませんでした。
近いうちに映像をDVDにしてお見せしたいと思っています。          飯田

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、これからが旅の始まりです。長くなりそうですね!
久留米出発のメンバーの様子からどうぞ!


午前7時45分集合と言うのに早くも
大笑いが始まっていますね。
「鬼の居ぬまに楽しんで来ようっと」
と言う感じです。

こちら乗車前から、お弁当のための準備?
何しろ、食い気はいつまでたっても
持っています。

こちらでは、新幹線に乗るや否や
ウイスキーのストレートみたいです。
後が怖い?

おしとやかな三人さんは
持参したお菓子で腹ごなし、
と言うところでしょうか!

武田さん、もうお酒で乾杯ですか?
これから大仕事の始まりですよ!

おっと、ここは良い男三人組?
誰も言わないから自分で言っていますとは
一番手前の人!

えっ、美味しそうなお弁当ですね。
如何です、修学旅行気分は?

こちら、早くも心は京都です。
早くもお土産の吟味中です。

ということで心は早くも京都へ飛んでいました。
私は実は心の中では大騒動しています。(誰にも言えません)


そして京都駅で全国から集合された全員と出会います。
緊張のためか、それとも懐かしい再会があったためか写真がありません。


ここ、天龍寺(だるまさんで有名)で最初の集合写真を撮りました。
まだ、全員が出会って1時間あまり、少々ぎこちないところがあります。
私だけかもしれませんね!

クリックすると大きく見れます。

まだ始まったばかりですが、天龍寺の雲龍とだるま、そして嵐山周辺の散策です。


これが天龍寺の山門、と言うところでしょうか!

中には広い庭園があって大きな池と
手前には枯山水もありました。
暫し、座り込んで見入ってしまいました。

上がり口にあった、大きな達磨の絵、
度肝を抜かれました。

これも上がり口にあった、大きな雲竜です。

長い廊下の端にかけてあった
彫り物、九月かな?

掛け軸、だるまさん。
説明を見ませんでした。

奥の部屋にあった仏像と襖絵
暗かったのですがどうにかみれますね。

ここが天龍寺の庭園です。
とても綺麗でした。

渡月橋から北側へ散策中!

途中、何かを見つけた徳永さんです。

中山さんは路地で
手を振ってご挨拶!

仲良し5人組?

黒木の鳥居です。
城さん、真剣に見入っておられます。

竹林でであった人力車!
40会メンバーも乗ったかな?

今日だけの舞妓はん!
颯爽としていますね。

ひばり記念館、
今は閉園になってしまったそうです。

渡月橋のところの人力車乗り場。
先に見つけていたら、乗ったんですがね。
反対方向に行ってしまいました。

渡月橋を歩いているのは
なんと、城島さんと樫村さんではありませんか!

大宰府にもある、オルゴール館です

そしてこれから
トロッコ列車に乗ります。楽しみですね!

これがうわさのトロッコ列車!
ガタンゴトン、ゆっくり走って
「おお、もうまもなくトンネルのーー」、と言うイメージでした。

トロッコ列車に乗る前の
皆様方の勇姿です。
もう、誰だかわかりますね。

もう、皆様、出会って二時間、
気持ちは完全に高校生です。

もちろん、校長先生が
引率されています。

こちらが乗車駅です。

如何です、トロッコ列車の晴れ姿は?

何か皆さん、神妙な顔つきですね。

さあ、これから始まる列車の旅
どんな居心地かな!

左の青柳君、「俺は魚釣りに来たんだよ!」
と言うイメージです。

ここでは本当は嵯峨名物のソフトクリームが
食べたかったんですが100円のアイスクリーム
となりました。
ここ、予期せず、四人とも良山中学出身だ!
あ、樫村君は違ったかな?

もう、ここらで男女とも打ち解けていますね。

こちら関東からの三人組です。

あれっ、この青鬼、
名前はなんていったっけ?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下の写真は先ほど送られてきた、保津川下りで撮られたものです。
皆さんも注文されましたか?

皆様方の感想を聞いていると保津川下り、良かったよ。
とみな言ってくれました。
多分、立案者が良かったのでしょうね!
果たして、誰でしょうかね!
またまた保津川くだりのサムネイル写真です。クリックすると大きくなります。


保津峡谷の由来が書かれていました。

出発前、皆さんのいい笑顔です。

皆さん、何かを真剣に見つめています。

こうぞくの船での様子です。

ここでも私、飯田は88歳の
校長先生となりました。

2号船の様子です。

こぎ手の方の様子が面白いですね。

柴山さん、松井さん、城さんの顔が見えますね!

私たちが乗って上ったトロッコ列車です。

2号船、3号船と相次いで
下ってきます。

こんなに浅い川を通って行きます。

カヌーでは転覆のときの
訓練みたいでした。

林が何かに見えますか?

さお先が穴に入ったら
お慰み!

船はこんなに狭いところを
通って行きます。

トロッコ列車から見た
船くだりの様子です。

こちらも列車が上ってゆきます。

今は山中、今は浜、今は鉄橋渡るぞと・・・・

ここも船の通路となります。

物売りの船が通せんぼして
待ち構えていました。

イカ焼き、おでんが美味しそうでした。

後続船が続いて下りる
様子です。

サギが飛ぶところに出会いました。

動乱蜂の巣、を見上げたところ
石の面が間違いなく顔に見えたんですが・・・

と言うところで、船くだりが終わってこれから湯の花温泉、渓山閣へ行きます。
そして温泉と宴会が待っています。
TOPへ戻る