2006年10月14日開催
副題は「今よみがえる、あのころ、あの顔・・・」でした。


去る平成18年10月14日(土)久留米、「創世」において第39回明善大同窓会が開催されました。
合計参加者数1000名を数える位の大規模な集まりでした。
90歳を超える方から、30歳代の方まで老若男女、元気いっぱい、参加されました。
そのときの様子を写真にして掲載してゆきます。

 

それでは先ず、プログラムからです。下2枚は参加記念品です。
写真をクリックすると大きく見れます。


明善同窓会会長の挨拶と
高校の校長先生の挨拶です。

今年の大同窓会のプログラムです。

現在の明善高校の生い立ちが詳しく
書かれています。

南校舎と北校舎の間には「市道があった」そうです。

参加記念品は開くと立体的に見える校門と、
4枚つづりの絵葉書と封筒でした(5枚かな)

こちらが記念品の封筒の中の
昔懐かしい絵葉書のセットです。



ここからが同窓生の来場の模様です。
早速、多くの方々が来られ始めました。
途中、2時ころには入りきれないくらいいっぱいになります。

写真はサムネイルしていますので、クリックすると大きくなります。


今年も玄関の看板の前に
立っていただきました。

送迎バスからもたくさんの
来場者がありました。

来賓の受付、華やかですね。

同窓会会長も早めの来場です。
これから、理事会の会議を控えておられます。

H18年度会報で活躍いただいた吉田さんです。

和服姿がお似合いのご婦人も見えました。

白髪の方、私の中学3年の担任でした。
この方のおかげで明善高校に入れました。

先輩方も続々と来場されています。

こちら、昨年度同窓会幹事だった原田さんです。

来賓の方々も受付中ですね。

お若い?先輩、受け付け終わって、一段落、
というところでしょうか!

ステンドグラスを入れて撮ってみました。

こちら、プログラムに関しての説明でしょうか?

新卒業名簿の購入予約、受付中です。
奥は終身会費(1万円)の受付です。
これを払っておくと、毎年、同窓会会報が贈られてきます。

良く見ると、校長先生のご来場です。

校長先生、胸に大きなバラのリボンが・・・

この写真、なんか絵になりそうだったので
載せてみました。

久留米高女の方々、お元気そうです。

理事のメンバーも歓談中!

あの西鉄ライオンズで鳴らした
ノーヒットノーラン投手の大津さんです。

46会の方々も写真を撮って
しばし、楽しんでおられます。

高女の最上級生にはいたわりも
必要ですね!

こちらも優しく手伝われています。

左の案内の方、最後まで目に付きました。

受付が終わると、先輩も後輩も仲良く
カメラに収まってくれました。

2時ころになると受付は
こんなに混雑しています。

こちら、総会開会前の理事会です。
「滞りなく進むように・・」との挨拶でした。

すみません、同じ写真でした。

会長もおなじみの方々と挨拶中です。
右の女性は東海支部会長の水野さんです。

一番、目に付いた来場のお方です。

こちらが、メイン会場の案内図です。
全員入りきれなくて、あと二部屋、若い
同窓生のために準備されました。
大同窓会にはお若い方から大先輩まで
1000人ものメンバーが集まられます。

あまりの多さにタクシーの運転手さんが
びっくりしておられました。

来場の様子を載せてみました。

さて、ここから大同窓会、総会の始まりです。

今日の司会は明善同窓会理事より、稲員俊郎さんです。


司会の稲員俊郎さんです。


同窓会を運営されている理事さんほかの挨拶です。


開会の言葉はは副会長の幾野計介さんです。

こちらが同窓会会長、冨安俊男さんの挨拶です。

そして校長先生の祝辞です。
今年は高校生大活躍していますね。

顧問のお二人も紹介されました。

お忙しい中、駆けつけてくださいました。
ここまでが総会の内容でした。
進行はスムーズに出来ています。

この次はお待たせ、懇親会の模様に入ります。
少々お待ちください。


お待たせしました。ここから懇親会のページに入ります。


これが壇上から見たメイン会場の様子です。
今年のレイアウトはいつもと違って、縦長にしてありました。
中央から後ろは何が行われているのかさっぱりわかりにくかったのでは?

弦楽四重奏の演奏が行われていましたが、ご存じない方も・・・
この催し、企画は素晴らしかったんですが、「乾杯」の前に演奏して欲しかったですね。
それか、ライトを暗くして、スポット式にされたら、皆さん注目されたかと思います。

こちら、記念すべき第40回大同窓会担当のS47年卒の方々です。
来年担当の方々の挨拶は詳しくなされましたが、今年の現在の担当の方々の挨拶は抜けてしまいました。
たすき渡しのところで挨拶されたら、もっと良かったろうかと思いました。

これからサムネイルの写真を掲載しています。写真をクリックすると大きい画像になります。
尚、戻るときはブラウザの「戻る」(左上の戻るボタン)ボタンから戻ってください。


司会はS46年卒の木村茂喜さんと田尻文代さんです。

祝いの舞は花柳光君さんと三枝君さんの母娘だそうです。

とてもうまかったです。
二人して三拍子揃っていましたね。

乾杯の音頭は東海支部、支部長の
水野礼子さんです。

素晴らしい音色の四重奏でした。
乾杯の前に演奏して欲しかった!

県中学明善卒の最も先輩方です。

こちら久留米高女の先輩方です。

荒木先生の元気な姿も見えますね。

こちらの先輩、昔のアルバムを持ち合っていらっしゃいますね。

中ほどにはスクリーンがかけてはありましたが・・・

メイン会場に入れない44年と45年卒の方々の部屋です。
多分、メイン会場に入れるのはいつになるだろうか?と思案中のはずです。

S48年卒以降の方々の部屋です。
こちらにはスクリーンが掲げてありました。

会食懇談中に「寸劇」が始まりました。
どうやら国語の執行先生の「ものまね」みたいです。

こちら、道徳の時間だったと思います。
「スカートが短い」とか「アフロへやーはダメ」だとか・・・

こちら体育の時間、どうやら占部先生の
物まねだったと思います。

占部先生、今年92歳?
お元気なお姿を見せてありました。

とても人気が合ったらしい?執行先生です。

これから、中学明善の方々から校歌の斉唱です。

人数の多い久留米高女は座席で立ったまま
校歌の斉唱をされました。

そして現在の校歌を歌ったのは、今年めでたく還暦を
迎えた我が40年卒の面々です。如何です?
私がいないので皆若く見えますね!

そして応援歌はなんと現役の高校生が努めてくれました。
「巻頭言」を絶唱中!

さすが、現役の応援団素晴らしい、
圧倒されるような歌声でした。

黄組、団長の笑顔、良いですね。

あまりの迫力に皆が見入っていますね。

会長から次の当番の方へ「委嘱状」の手渡しです。

来年の担当にはなんと教頭先生がおられます。

来年の担当幹事の挨拶です。

活躍されそうな先輩もおられます。

ここで伝統のたすき渡しです。

無事にたすきが渡って、堅い握手です。

来年担当の方々、ご協力のお願いのあと
深々と頭を下げておられました。

関東支部長、松平信之さんのお礼の挨拶です。

ここで万歳三唱です。

閉会の言葉は、我が広報委員長、豊福司郎さんです。

みな、幸せ気なお顔で退出されています。

我が同胞もこちらを向いて
写真に収まってくれました。

今年の担当の方々も安どの表情で挨拶されました。

全員が「ほっとした」表情に見えました。

如何でしたでしょうか、今年の大同窓会は?
良かった点、反省しないといけない点、皆様方のご感想をお聞かせください。
来年の大同窓会へ向けて、取り入れてゆきたいと思っています。

尚、来年の大同窓会の開催はH19年10月7日(日)だそうです。
三連休の真ん中に当たりますが、皆様方の振るってのご参加をお願い申し上げます。

TOPへ戻る


H18年度大同窓会40会のページへ