田舎もの、飯田の東京おのぼり顛末記!!!
ホームページを通して全国の40会の皆様方と交流のある私は
今回、個人的に東京へ行く予定ができて、思い切って関東事務局の
大山さんに、懇親会開催を呼びかけてみました。

すると緊急にもかかわらず、7名の方がはせ参じていただきました。
このときは私も、男冥利につきましたね。
関東の皆様、どうもありがとう!!!

上の写真2枚、なぜ並べたでしょう???
当てられた方にはご褒美が行きますよ!

飛行機から見えた富士山、なかなかのものでしょう!!!

2枚の写真を見比べて何か感じられたことはありませんか!
大山さん、何か恐縮していますね!

さて、回答です。
最初は参加していただける人数は5名と聞いていました。
念のために、持参したお土産は6人分にしてはいたんですが・・・
最終的には7名が集まってくれました。

そこで、関東での会合には決まって山野さんが「ラストの集合者」だそうです。
彼の名誉のために、それでも時間ぎりぎりには集まられるそうです。
今回も山野さんの集合で「さ、全員だ」とばかりに会食場所へ移動しました。
その後にどうやら渕上さんが集まられたみたいです。
彼は自分が早すぎたのかと、延々30分も集合場所に待ちぼうけとなったわけです。
そこで、渕上さんのことをすっかり忘れていた大山さん、この恐縮したポーズとなったわけです。

説明が長ーく、なってしまいました。
誰か、想像できました?

京王プラザのレストランです。
気風の良い、関東メンバー、高級しゃぶしゃぶを
選んでくれました。おいしそうでしょ?
北原さんと渕上さんです。

今日の日のために骨身を削って呼びかけて
いただいた大山さんと「飯田が上京するならば
黙ってはおけない」と立ち上がった田中浩さんです。

そしてもう一人「飯田のために一肌抜でてやろう」と
山野さん、久留米でお世話した木原さん、それから
もう一人、思いもかけず、はせ参じてくれた永田さん、
どうやらお住まいがこの新宿の近く?かな!
それよりも同窓会のまとめ役の一人、私に感謝の
気持ちを伝えたくて・・・・・が強かったかな!!!

この三名、関東40会の顔、と言うイメージです。
この三名に共通していることは笑顔、元気、若い、
声がはつらつとしている、と言うところでしょうか!
渕上さん、山野さんよりも少し送れて来られたばかりに
ロビーで30分以上待ちぼうけを食わされてしまいました。
それでも笑顔でこの場所へ入って来られたんです。
この時は頭が下がりましたね。

お顔も心もやることもおおらかな田中さん、
関東40会の「主」の一人ですね。
北原さんとは思いっきり何でも話し合える
そして写真が好きで多分、頼まれたら
何でもこなすかただと確信しました。
大山さんには何から何までおんぶに抱っこを
してしまいました。最高でした!

40会にはなくてはならない主の一人、北原さんです。
この人がしゃべり始めたらもう止まりません。
そして野球部のマネージャをやっておられたせいも
あって、何でもかんでもご存知です。
クラブ活動から、級友、恩師のこと、そして
ガールフレンドや美人コンテストまで、知らないものは
ない、と受け止めました。

高校で同じクラスだった山野さん、相変わらず
真面目そうですが、会合や同窓会の集合はいつも
ラストだそうです。でも本人曰く「俺は間違いなく集合
時間には間に合わせているぜ!」
なーるほど、その通り!!!

しゃぶしゃぶの材料がなくなるのが早かったですねえ?
ええ、本当にうまかったあ〜!
そしてこの出汁にうどんと中華用の麺を入れて
食べましたね!これもうまかったああ!
興奮して遠慮気味の私に永田さんが取りざらいっぱいに
お肉を入れてくれましたね!忘れもしませんよ!

皆さん、お腹いっぱいご馳走をいただいて
満足そうですね!
8名くらいの集まりですと一人ひとりの特徴が
よく分かりますね。
あ、そうそう、私の持参した特製のタオルと
黒棒製菓の黒棒、美味しかったかな?
あ、お一人分、足りなかったのを思い出しました。

京王プラザホテルの前に大きくそびえていた
東京都庁です。
素晴らしい建物でしたね。
石原都知事も満足でしょう!!!

これが東京のを象徴する建物群です。
ちょっとしたオアシスも感じました。

そしてこれが京王プラザの玄関の回転ドア、
多分120度になっていて6人は一度に入ります。

ホテルの玄関に飾ってあった下げもんの雛飾り。
中にあるのは知る人ぞ知る「麻多朗雛」ですね!

そしてこれが羽田の玄関口の建物群です。
ビルがぎっしりですね。

如何です、この関東40会の方々の歓迎ぶり?
私も彼らの若さと元気を精一杯いただいてきました。
まだ、書きたいことはいっぱいありますが、
今回はこのくらいで良いかな!とも思っています。
皆様方、心からの歓迎どうもありがとう! THANKYU BERRY MUCH!
と言うところでしょうか!
私もこの次はこの期待に力いっぱい応えてゆきますからね!
そして今回多忙ながら、私のためにご尽力いただいた大山さん、どうもありがとう!!!

TOPへ戻る

飯田の旅行顛末記

さて、ここから自分自身の旅行での顛末を書いてみようか!!!

東京へは10年ぶりの飛行機旅行か?
福岡空港へ到着すると、嫁さんから1枚のカードが渡される。
何の気もなしにいざ、乗り込もうとするとチケットがない!
嫁さんにチケットは?と聞くと、さっき上げたろうが・・・とおっしゃる。

私、「さっきのはカードだったよ。」嫁さん「それがチケットたい」だそうな!
私、びっくり仰天してポケットから取り出したもの、それがマイレージカード、と言うものだそうだ。
これを入り口でボックスみたいなところにかざすのだ。
確かにピッという音がして飛行機の便の数字と座席の数字が出てきた。
それを渡されて乗り込むのだ。
へえ、世の中もちょっとご無沙汰している間に進歩したものだねえ、と感心しきりだ。
ただ、荷物検査場と搭乗口の2箇所でかざすので案内の用紙が2枚になる。1枚で十分では???


さて、当日なかなか天気にも恵まれて快適な空のたびとなった。
機内から富士山がほとんど全体的に見ることができた。
機内乗務員に「あれは、富士山ですか?」と聞くと
すぐには返事がない。
乗務員、窓の外をじっと見つめながら「この時間ですと、富士山でしょう!」だそうだ。
ま、それはいいとして、とっても綺麗に見えた。
何でもゲンを担ぐ私は今度の旅行は良い事があるぞ、と確信した。

さて、羽田空港に無事に降り立ち、ここからはいつもはモノレールで浜松町に行くのだが、
今回初めて、リムジンバスという定期バスに乗った。
リムジンバス、と言うから相当高級なバスかと思ったのだが・・・
このバス、途中、東京タワーのすぐ前を通る。
わっー、東京タワーだ、と叫んだところ隣に座っていたおばちゃまとその娘さんにくすくすと
笑われてしまった。この人は御のぼりさんだろう、とすぐに分かっただろうね!

新宿駅に到着するともう全く道が分からない。
じっと息子さんを待つだけだ。
地下道に飾ってあったお雛様を見ながらそこを抜けるとなんと目の前に
あのダブルタワー?の都庁が聳え立っていた。
じっと見ていると、嫁さんから「ボーっとしていると迷子になるよ!」と言われて
すぐに後ろについた。前の入り口に入るとそれが今日のお宿「京王プラザホテル」だった。
大きな回転ドアに吸い込まれて一瞬どうなるのかな?と思ってしまった。ああ、こわっ!!!

このホテル、なんと47階まである。
上から見下ろす町並みはビルの谷間に、本当にありが動いているような感じがした。

ただしこのホテル、3階がロビーで2階からも3階からも入ることができるのだ。
新宿駅から出てきたところは2階で立体交差になった上から入ると3階なのだ。
これは初めての人間にはとても理解しがたい。とても一人で散歩できそうにない。

ここで1時間ばかり余裕があったので親戚のおばちゃんに迎えてもらって
バス二駅のところの新築中の家を見に行く。
ここで思ったのは新宿と言うところは大通りから一歩はいるともう路地で
狭い道路を挟んで家が立ち並んでいる、と言うことだった。
こんなところにどうやって車を入れたのだろう?と言うイメージだったね。
少しお茶を飲んでホテルへUターンだ!

待ち合わせ20分前にはもう同級生4人は集まっておられた。
そしてびっくり、あの出世頭の永田さんが現れたのだ。彼は1年のうち半分以上は外国生活なのだ。
それも、総理の外国訪問のの随行だったり、国の重要な役目を担ったりしながらの訪問なのだ。凄いね!

皆でなべを囲んで昔話をしたり、同窓会の話をしたりしていると、世話人の大山さんのケイタイが鳴っている。
なんと、お一人参加者を忘れていたみたいだ。渕上さんは10分も前に到着したのにロビーで30分も
待ちぼうけをされたらしい。私もまことに申し訳なかった、と思った。
でも彼は笑顔で挨拶してくれた、良かったね!!!

最も印象に残ったのはやはり永田さんだったね!
彼と会うのは今回が2回目だったけれどいつも笑顔で話をされるし
また、知識が豊富だ。そして相手のことをよく気遣ってくれるし最高の人だった。
こんな方と友人になれてとても嬉しい。
彼も若いときからいろいろと人のお世話役が多かったらしく私の気持ちをよく理解してくれる。

次に8年前の大同窓会の担当のとき以来の山野さんだ。
彼も外国での暮らしが相当長く、海洋開発の研究に没頭したみたいだ。
彼も若いときから人間が全く変わらないね!真面目で素直な良い人だよね!
変わってしまったのは私くらいか?もちろん良い方にだよ!!!

そして印象に残ったもう一人は北原さんだったね。
野球部のマネージャーだった彼は昔のことから何から良く覚えておられる。
まづ、彼は特に若いね!高校のとき誰がどうだったとか、先生がどうだったとか
修学旅行がどうだった、運動会がどうだった、クラス遠足がどうだった、などなど
記憶力では彼に及ぶ人はいないかも知れない。
素晴らしい、どこででも彼は必要な人だね!


あと田中さん(北原さんと仲良し)木原さん、大山さん、渕上さんは還暦旅行で話をしているので良く知っている。
田中さんもまだまだ元気いっぱいだし、世話役の一人にぜひ欲しい人材だね!
そしてあっという間に3時間が過ぎてしまった。早かったね!

午後9時半過ぎからホテル内を散策する。
もちろん外へは出れない。
下げもんがいっぱい飾られたお雛様が素晴らしかったね!

17階の自分の部屋へ帰るとシャワーを浴びて後は睡眠だ!
ところが明日のことで頭がいっぱいなのかなかなか寝付けない。
私にしてはこんなことは珍しい!
よーく考えたらいつ寝たのかを覚えていないね!
そして二日目へと突入だ!


二日目朝6時にはもう目が覚めている。
果たして何時間寝たのだろう?それも覚えていない。
旅行のパックについているチケットでバイキングの朝食だ!
朝はどうせよく食べられないのでここにしかない、珍しいものを食べることに決めている。
先ず、特製のアップルジュース、オレンジジュース、そして絶対にうまい絞りたて牛乳だ!
ここで今朝は洋食に決めてお皿に少しづつ乗せて行く!

ここで今までに食べたことのないような洋梨をすりつぶしたようなどろっとした
おいしそうな食べ物に出会った。
これはいけると思った私は別にカップをとってなみなみいっぱい入れたのだ。
そして食べ始めると、なんか変な感じなんだよね!!!どろっとして粘り気がありすぎる。
嫁さんに「これは珍しいけど変な味だね、」と尋ねると
「あなた、それはヨーグルトのトッピングよ!」だってさ!
ああ、本当にびっくりしたね!
よーく考えたら隣にヨーグルトが置いてあったのだ!
そしてヨーグルトを別のカップにいっぱい注いできてトッピングにして食べたところ
やっと美味しくいただけた。あーあ、私も馬鹿だね!
あんまり量が多くて嫁さんに半分、分けてあげたよ!やはり、私は田舎もん?

そして今回の旅行のメイン目的の両家の顔合わせがやってくる!
不思議となかなか、落ち着かない。やはり初めての家族との顔合わせだからね!
そして粗相は許されない。
かねてから練習していた挨拶の言葉の反復練習だ!

そして昼食をかねての食事と言うことで顔合わせは11時半だ!
ところが11時半になっても相手方が現れない!
こうなると、何か異変が起きたのでは?といろいろと
心配してしまうものだ!結局10分近く遅れての出会いとなった。
どうやら本人さん、セットした髪型が気に入らなくて少しいじられていたみたいだ!
ま、これくらいならば仕方がないだろう!

そしてかねてから記憶していた通り、挨拶だ。
ま、順調だったね!
そして予定通り婚約指輪の贈呈が滞りなく済み
結婚届にサインと印鑑を押す。
これが不思議と手が震えてうまく書けない。
がどうにか終了!
これで二人の婚約が整ったことになる。

そして食事をしながら歓談だ!
ほとんど私と向こうのお父さんとの話が続く!
あんまり話に夢中になって運ばれてくる中華料理が
なかなか食べられない。
どちらかと言えば味が濃いので持病の通風に良くないかな?とも
考えながらの食事だ。
結果的には少し遠慮気味に食べたのが大正解だった!
ここでも3時間くらいの歓談で終わり、全員記念撮影だ!

後は喫茶店に場所を移してこれからの結婚日時や場所なんかを話し合う!
招待客数なんかの相談も行った。
そして丁寧に挨拶をして終了だ!

これが終わるとホッと一息と言うところだね!!!

今回は観光が全くできなかったがまた次の楽しみとしようかな!


そしてこれからまた羽田に戻って帰宅の準備だ!
ここでまた、一騒動だ!

空港について搭乗口まで歩くのが長いこと、びっくりもんだね!
本当に5分以上は歩いたような気がする!
このANAに乗るときは誰でもが感じているのではなかろうか?

そして無事飛行機に乗り込む!
座席は後ろから3番目くらいか!
後ろはもうほとんど狭くなっている!

それから1時間半、無事に帰りついたと思ったら、
モニターを見る限り、北九州の上空で旋回を始めた。
何が起きたのかと気になっていると飛行場が強風で降りられない、
少し時間をとります、との説明だ。
窓からじっと下を見ると街明かりが見えている!
高度3500Mのところでもう一度旋回が始まった。
少し心配にはなったが機長さんを信頼して次には無事に
着陸した!
ホッと胸をなでおろした瞬間だった!

と言うことでこの2日の旅行も無事に完遂することができた。
これが今回の顛末記だ!!!