H20年度(2008)
明善大運動会へリンクします
第40回
 
 H18年度 明善高等学校大運動会(H18年(2006年)9月2日開催)
昇華
昇華とは例えば「氷が水にならずに飛び越えて蒸気になる」ことです。
今年の大運動会、飛び越えよう!と言う気持ちでしょうか?

H18年度明善高校大運動会が厳粛のうちにも華々しく開催されました。
生徒たちはプログラムにのっとって真剣にそして大胆に進めてゆきました。

印象的だったのはやはり、フォークダンスですね。
曲はアレンジされているからかも知れませんが、軽いステップでそして笑顔いっぱいで跳ね回るイメージでした。皆とても楽しそうでした。

玉入れでは一般の方も飛び入り参加できて私も黄組に参加、それなりに精一杯頑張りましたよ。
たかが玉入れといっても立ったり、しゃがんだりして投げ入れとても大変でしたよ。
終わったら、息が「へえ、へえ、いっていました」

騎馬戦では選手たちも力いっぱい戦いました。
勝負には勝ち、負けがつきますが、敗れれたチームも「負けて悔いなし」と言うところでしょうか!

そして、最後に行われた応援合戦、素晴らしかったですね。
ここに、日ごろの練習の成果が遺憾なく発揮され、4チームとも素晴らしいできばえでした。
本当に感動物でしたよ。
バックパネルもシークレットパネルと合わせて素晴らしいできばえでした。
たった一つ、白組のシークレットパネルが全体的に色が薄かったために、惜しいことをしました。

そして、午後からの観衆の凄かったこと、観客席は入りきらないほどの見物客でいっぱいでした。
お出かけくださった方々、どうもありがとうございました。


さて、大運動会の開会です。減数分裂、綱引き棒引き、までをご覧ください。
写真をクリックすると大きく見れます。

迫力の綱引きの場面です。

開会式、校旗を先頭に入場行進です。
因みに、校旗、相当重たいです。

生徒たちも元気いっぱいの
入場行進です。

大雄校長先生、
開会の挨拶です。

昨年優勝の青チームより
優勝トロフィーの返還です。

チームの旗をかざして
健闘を誓います。

各チームより一人づつ
選手宣誓!

開会に先立ち
校旗掲揚!

準備体操も先生を含め
真剣に行われました。

ここから競技開始、減数分裂?
と言う競技です。

あらら、一人でバトンを
2本持っている!

三人目はバトンが
4本になりました。

おっと、ここでは8本も持っていますね。
白組、遅れたみたいです

アンカーは何と16本持って
一周しました。うまく持っていますね。

さて、綱引き、
がんばれ、頑張れ!

青組、ちょっと腰が高い!
もうちょっとだ


カメラマン、撮影に熱がはいっています。
良い表情が撮れたかな?


棒倒しのゲームです。
TOPまで駆け上がりぐいっとと倒します。

あっと、もう少しだ。
上からのしかかって倒しました。


日ごろは青空にそびえている校旗です。


5種目め、障害物競走です
とうまい袋に入って飛び跳ねます。
あくまで、ペアーです。

平均台も二人で仲良く
手をつないで・・・

次は背中合わせに手を組んで
横っ走り!

そして高いマットを
二人で乗り越えて・・
あら、あら?

男性は目隠しですが
うまくリードされて・・・

ラストは二人三脚ですね。
仲良く飛べていますね。

次のプログラムは背中渡りです。
うまく渡れるでしょうか?

渡り終えられた方はつぎつぎと
走って前に並びなおします。

赤組無事に
前半終了!

黄組みも後半の
乗り手と交代です。

白組、青組、
デッドヒートですね。

青組も負けては
いませんね。

各ページへリンクしています。

写真をクリックするとフォーク
ダンスのページへ
明善大運動会競技
 その二へ
PROGRAM13
全体応援のページへ
(応援合戦T、
結果発表 掲載

PROGRAM16
応援合戦U(白、紅、青)
のページへ


2006年 (H18年) 明善高校大運動会 結果発表


我が同窓会より、会長、副会長、前の校長先生他、来賓として出席しておられます。
団体競技の審査なども担当されました。

総合優勝は


                                                          

ご覧のとおり、黄組でした。黄組、おめでとう!!!

そして応援合戦の優勝は


紅組でした。紅組団長、副団長、感、極まって抱き合っています。

それからバックパネルの部優勝は

素晴らしい出来具合だった黄組に決定しました。パネル担当、まことにおめでとう。

こちらが表彰式のあとの各組の表情です

写真をクリックすると大きくなります。


黄は笑顔で喜び合っていますね!

紅も、精一杯やって、感慨深げです。

青は頑張ったが良い結果が出なくて無念そうです。

最も悔しかったであろう白組、その場に突っ伏してしまいました。
この気持ち、来年の運動会で大きく活かされることでしょう!!!

運動会も各組ごとの勝負ですから、順位をつけなくてはなりませんね。
でも、見ている側にとっては、どの組も甲乙つけがたい、素晴らしいできばえでしたよ。
とっても感動しました。

生徒諸君、最高の幸せをありがとう!!!

TOPへ戻る