2006年度夏の甲子園 福岡県南部予選、第三回戦
明善高校対筑陽高校の一戦より。
H18年7月15日(土)

炎天下の元、福岡県大会第3回戦、明善高校対筑陽高校の試合が午後0時に開始された。
そのときの模様を写真にして掲載してみた。
途中、2回に相手側に2点入ったので、写真よりも応援に廻ってしまった。
ベンチ裏のスタンドで大声で応援したので声がかれてしまった。
それにしても、凄い数の応援団、ブラスバンドや応援部はもちろん全校生徒が駆けつけて
一生懸命応援した。

結果は残念ながら相手も強くて惜敗してしまったが、今年の明善、第三回戦まで
進んだことが、素晴らしかったと思った。

大きな印象としては、補欠の人も含めて全員が一丸となって戦ったことだった。
そして皆で支え合って、三回戦まで進めたのだと思った。
伝統の明善魂、ここにちゃんと受け継がれていると確信した。
選手諸君、感動をどうもありがとう!!!



試合開始前笑顔でグラウンドを眺めている選手たちです。


写真をクリックすると大きな画像が見れます。
私なりのコメントを入れてみました。少し辛いですが、これも勉強です。


試合開始前、我が明善校の旗も大きく
はためいています

開始前のノックを受けるため選手全員が
フイールドへ散らばっています。

グラウンドを出るとき全員で
挨拶しています。

さて、試合開始の挨拶、これからが完全な敵、味方となります

1回表、先頭打者、郷原君クリーンヒットです。

ノーアウトで送りバント失敗、これはとても痛かったです。

ワンナウトからもう一度送りバント

こちらはうまく行きました。上出来!

4番、浅野君、ここはアウトとなってしまいました。

浅野君、ピッチングのフォームです。

ここから、あえて4枚の相手打者の
バッティングフォームを載せました。
バットの位置が高いですね。

このバッティング、腰が入って
バットと腕が一つになっていますね。
もちろんクリーンヒットです。

この選手も上からボールをたたきに行っているのが
分かりますね。

この選手も完全な上段の構えです。
すなわち、上から振り下ろすと肩がとてもよく
廻りやすいと思いました。

バントの仕方の模範的な写真だと思います。
バットは完全に水平、その後ろに目線がありますよね。

1回、ランナーを出しながらも
無得点に抑えました。良かった。

この写真、なかなか良いフォームでの
バッティングですね。

良い当たりのヒットとなりました。

こうなるとバッティングはいけません。
どちらかと言えばへっぴり腰になっていますね。

素晴らしい投球フォームだと思われます。


これが問題の打撃妨害の写真です。
キャッチャーミットはそれほど前じゃありませんね。

一生懸命に抗議中のキャプテン井上君です。

ここで気分転換にベンチの指令が飛びました。
「ドンマイ、ドンマイっー」

このバッターもTOPスイングが一番上にありますね。

ようやく、ピンチ脱出、凄い数の応援団に
迎え入れられます。

ここもなんとなく、打ち方が窮屈ですね。

バントしようとしているのかな?サード前進中!

良い当たり、セカンド横を抜けて行きました。

セカンドランナー、サードベースを窺おうかと・・・

4番、浅野君、気合が入っています。
一発打ってやるぞ!というイメージです

打たされたのか、なんとなく腰が入っていませんね。
腕とバットは一体となっています。

この写真、なんとなくボールをコネに行っている感じがしますね

同じ写真を載せてしまいました。

投手と4番を担っている浅野選手
ちょっと酷だったかもしれませんね。

二番手、古野投手のピッチングフォームです。

これは二回戦で完封、シャットアウトをやってのけた
江崎君です。

ピッチャー交代のとき、何か耳打ち中の相手選手、
してやったり、と言う感じでしょうか?

ピッチャー江崎君、この日はイージーなフォアボールが
目に付きました。

働き者の13番、ムードメーカーでしょうか?
どのチームにもこんな人は必要ですね。

全員が一丸となって見守っています。
女性のマネージャーも見えますね。

唯一二年生の川野君、まだまだ荒削りです。
これからの大器!!!
ボールを良く見て積極的に行ってみて!

ベンチへ帰ってくると、どんなに苦しくても笑顔で
志気を高めます。

ここからは浅野君の一矢を報いたホームランとゲームあとの写真集です。
惜しくも三回戦で敗れた選手たちの悲喜こもごもの写真集です。
選手たちの気持ちが良く現れていると思います。

5点をリードされて、9回に一矢を報いた
浅野君の一発でした。良かったですね!

胸を張ってサードベースを廻ります。

虎の子の1点をもぎ取りました。

背番号13番
この人も裏方で大活躍しました。
ムードメーカーに見えました。

試合終了の挨拶です。
これで敵、味方がなくなります。

相手チームの再度の健闘を願って
握手です。

敗れた我がチーム、ベンチ前から
相手の校歌を聞きながらエールを送ります。

一心不乱の文字、千羽鶴で作られていました。
ベンチ内で見守っていたんですが・・・

んー、残念、頑張ったんだけどー!

先輩に笑顔で結果報告です。

三年生はこれが最後ですね。
これまでの思いがよぎってきたのかも知れませんね!

次の代を後輩に託して抱き合っています。
女性の方は新聞社のインタビュアーです。

三回戦まで精一杯戦ったことの感慨でしょうか、
笑顔が見えますね。

キャプテン井上君、スラッガー浅野君、インタビュー中。
真ん中は次代を担う川野くん、頑張れ!!!

これまでの思いがよぎってきたのでしょうか?
涙が止まりません。いや、まだこれからです。

浅野君、感想とこれからの進路?を多分、
尋ねられています。

女性の応援団も「お疲れでした」と
労をねぎらっています。

精一杯やったことの喜びと、壁際では涙が出て仕方ありません。
これが青春だ!と言う思いがしました。

3番の川野君、明日からチームを担います。

選手たちの悲喜こもごもの思いを監督さんも
じっと、見つめておられます。

裏方で大活躍の背番号13番、良くやりました。

選手たちをそっと見守る女性の応援団、
彼女たちがあってこそ、チーム一丸です。

背番号一番、江崎君も良くやりました。
これまでも苦しかった思いがよぎってきたのでは?

どうしても、どうしても涙が止まりません。
静かに見守ってあげましょう!!!

さ、これからは君たちの出番ですよ。
明善魂を受け継いでしっかり頑張ってください。
第一回戦の開幕試合に出番の予定でしたが、雨のため
11日、13日、15日の試合となりましたね。
1回戦は筑前戦、1対0から最終回ツーアウトから同点にして延長で
逆転勝ちと良く頑張りました。
続いて2回戦、江崎君の完封で勝利となり、浅野君のホームランも出て
ムードが盛り上がってきました。
三回戦、勝てば福岡大会進出と言う快挙の予定でしたが、残念ながら
タイムリーヒットが出ずに、惜敗してしまいました。

特に印象的だったのは学校、生徒、保護者が一体となって応援できたことです。
選手たちも持てる力を精一杯、発揮しました。

明善魂はここにも確実に引き継がれていました。
選手たちの野球にとても感動しましたよ!

これからも明善チームを心から見守ってゆきたいと思います。

あと、応援団の様子をまた掲載したいと思います。
残りは近日中に載せてゆきます。




今日は写真だけ載せました。





H17年度 夏の甲子園、福岡県南部予選大会より
明善高校 対 久留米商業高校からの写真集を掲載しました。
                                      H17年7月14日


先ず、試合に臨む選手たちの意気込みの様子です。
写真をクリックすると大きく見れます。


入場前、一丸となって
作戦会議です。

さあ、気合を入れて入場!「明善頑張れ!!」と
一言。

グラウンドに入るとすぐに
素振りの練習です。

強豪久留米商チームの
練習を見つめています。

さあ、全員でシートノック
の開始です。

サードベースを守るのは
今村君!

ファーストベースは
下川君!

セカンドベースを受け持つ
原君です!

シートノック中の監督
さんです。

新聞社の旗が
たなびいています。

応援太鼓を持参しての
準備です。

父兄を中心に応援団が
集まっています。

ホットベースマンの
サードの選手です。

レフトを守るのは
浅野君です。

センターのフイールダー
は田中君です。

こちらライトフイールダー
の平田君です。

外野手、しっかりお願い
しますね。

華麗なる守備のショート
末安君です。

サードへの滑りこみを
想定しての練習中!

腰も据わって良い守備
ですね。

ショートストップ、小柄
ですが、華麗ですね。

センターからバックホーム
の練習です。

キャッチャーフライを
捕球に向かいます。

おっとっと、良く
撮りました。

シートノックが終わって
全員で一礼です。

ここで全員で校歌を歌い
ます。なんか良いですね

校長先生他幹部も応援に
駆けつけられました。

こちら、久留米商業の
技巧派、野田投手です。

応援団も相当増え
準備も整いました。

試合開始前、応援団に
全員で一礼です。

女子マネージャーの横
には千羽鶴が置かれて
います。

主戦井上投手、
準備OKです。

さあ、これから試合開始です。
こう、ご期待!!




主戦、井上投手、華麗な
投球フォームです。

一回を無難に押さえ
攻撃前の円陣です。

一番バッター、平田君
さあ、行くぞ!

にわか応援団も力
いっぱいの声援です。

こちら久商の応援団どち
らも力が入っています。

良く見ました。
ボールです。

うん、少し外れて
いますね。

ぼく、暑いから三脚の陰
で見る、と言っています

控えの選手、全員で
見守っています。

ボールが高くフォアボール
のあとすぐにキャッチャー
がアドバイス!

2回もどうにか無事に押さえ、さあこれから攻撃です

デッドボールを受け
一塁手は帽子を脱いで
謝ります。

さあ、バッティング
チャンスだ、末安君。

二塁まで進んだ浅野君、
ヒットが欲しい!!

バントをするもファール
ボールとなりました。

ファールボールが一塁側
観覧席へ、みんな振り
向いています。

三回表、久商タイムリー
ヒットで先制点です。

続く打者にも長打を
打たれこの回、5点を
献上してしまいました

九商の打者、なんと
三塁打です。

残念、三回途中で井上
投手、交代です。

残念!! 主戦、井上投手3回で降板
球は速くてよかったんですが、少し高めに集まったか?


3回途中より浅野投手の登板です。


二番手ピッチャー浅野君
力いっぱいの投球です。

その裏、今村君
打ちました。

明善応援団も
精一杯、見守っています。

ヒットが出ないので奇策
のセーフティーバントだ。

ランナーサードで久商、
タイムリーヒット!!

さあ、ゆけ、明善バッター

そら来た。高級必打だ。

あっ、ちょっとタイム・・

原君、球審へデッドボー
ルの説明を尋ねています

よし、打った。
果たしてボールはどこへ/

この先輩、「井上投手を
見に来たんだが・・」
「交代しました」といったら
がっかりされていました。

おっと、打ったが
どうやら、ファールボール
見たいです。

良い当たりだが、残念
フライアウトとなりました。

5回が終わると両チーム
の控え選手が一緒に土慣らしをします。

この回、応援団は校歌を
歌って応援しています。

6回、久商選手も
送りバントです。

久商選手、ヒットで三塁へ
滑り込みセーフです。


打球はセンターを超えて
フェンスへ・・
バックホーム!!

久商ホームを点くも
好返球でタッチアウトです


最終回、どうにかして
ランナーに出たい!!
が三振、試合終了と
なりました。

大きな声で
「ありがとうございました」

試合後はお互いの健闘を
たたえます。

久商の校歌が鳴り
響きました。

全員で応援団へ最後の
挨拶です。


試合を終えて


ご覧のような結果と
なってしまいました!!
残念!

なんと、ヒットを一本も
打てませんでした。
6回までですので参考記録ながら
ノーヒットノーランだそうです

応援の選手はすぐに
片付けに入ります。

父兄の方もこの暑い中
ご苦労様でした。

監督さんも完敗に
苦笑い、というところか?

マネージャーさんは
ひっそりと涙を・・・

敗れて悔しいが
すっきりした表情ですね。

さあ、来年また出直しだ。

応援の太鼓も
一生懸命鳴らしました。

そろいのシャツも準備して
精一杯応援しました。

選手たちをねぎらうべく
まっておられます。

選手たちと応援団が
下りてきました。

父兄の方、「ご苦労様」と
言っておられるのでは?

久商の父兄の方々、まとまった応援でした。

主戦、井上投手試合後、インタビューを受けて
います。

久商の選手たち、みな
笑顔いっぱいですね。

久商のピッチャー、4人の
方からインタビューされて
いました。

久商の選手たち、
!!次も頑張れ


と言うわけで、我が明善チーム、大敗してしまいました。
でも、今年の反省をしながらも、来年に向けて練習開始ですね。
来年の一回戦突破を期待しましょう!!

TOPへ戻る